キャッシングの審査に通るためのポイント

お金に困っている人の中には、キャッシングの審査になかなか通らず悩む人も少なくありません。

キャッシングの審査に通るには、いくつかポイントがあります。
審査に通らない理由がわかれば、対処することも可能です。

こちらではキャッシングの審査に通らなかった時の対処方法や、どういった会社を選べばいいかなどを紹介します。

審査に通りやすいキャッシングはこちら

目次

審査に通りやすいタイプの人

キャッシングの審査は年収や年齢、勤務先などさまざまな情報を元に行われます。通過する人はそうした審査基準を満たした人です。

特に、年収は返済能力に大きく関わってきますから重要なポイントになります。
しかし、年収の金額がすべてではありません。

例え平均年収に届かなくても、収入が安定しているなら審査には通過しやすくなるのです。

安定した収入とは、毎月収入があることを指します。他にも勤続年数が長ければ、審査で有利になります。
収入が安定していて勤続年数が長いなら、アルバイトでも審査を通過できる可能性が高いです。

一般的に半年以上働いているのであれば問題ないでしょう。

年齢も重要な条件だとされていますが、一般的に働き盛りと呼ばれる年齢なら大丈夫です。
20代から50代くらいであれば、年齢について悩む必要はありません。

仮にそれ以外の年齢の人でも、あくまで支払い能力が高いかどうかがキャッシング審査のポイントです。

返済能力があるのであれば、審査の通過が期待できます。
また、賃貸物件に住んでいない人はそれだけで審査に有利になります。

月々の家賃を支払う必要がない分、返済能力が高いと判断してもらえるためです。
キャッシングの審査に通りやすくするポイントの1つは、収入が増えたタイミングで申し込むことです。

昇進したり、昇給したりした時に申し込めば、1度落ちたキャッシングでも審査に通る可能性があります。

信用情報で落ちた場合の対処方法

信用情報には、過去に利用したキャッシングの履歴や現在のキャッシングの利用状況などが記録されています。

信用情報が理由で審査を通過できなかったと考えられる人は、信用情報に記録された情報が消えるまで待ってから申し込みましょう。
信用情報はずっと残り続けるわけではありません。

仮に返済を大幅に遅延したり、何らかの事情で返済を行わなかったりしたとしても、
一般的に5年程でほとんどの信用情報は消えると言われています。

なお、あまり長期間待てない人は、審査基準の異なるキャッシングを利用するのも効果的です。

別のキャッシングであれば、現在の信用情報でも審査を通過する可能性があります。
例えば、大手のキャッシング会社ばかりに申し込んでいた人は、中小のに申し込むといいでしょう。

在籍確認を取れるようにしておく

キャッシングの審査では、最後に在籍確認が行われます。

審査の担当者がキャッシングを申し込んだ人の職場に電話をかけて、その会社に在籍しているか確認します。
この際、本人が出れば問題ありません。もしくは、別の誰かであっても在籍していることが確認できれば大丈夫です。

もし、従業員の多い企業で在籍確認が上手くいかないと考えられる場合は、自分で電話を取れるように対策しておくと良いでしょう。

また、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるキャッシングも存在します。
書類提出などの方法で在籍確認をしてもらいたい場合は、そういう方法を行っている会社を選びましょう。

自分に合った審査基準のところを選ぶ

キャッシングの審査基準は、すべての会社で同じというわけではありません。

厳しいところもあれば、甘いところもあります。
申し込んだキャッシングの審査基準が厳しすぎると感じた人は、甘い所に申し込むといいでしょう。

審査基準は年収や勤続年数、年齢などの属性と呼ばれるものと信用情報の2つがポイントになります。

信用情報などはキャッシング会社や銀行などで共有されていますが、審査の対象となる情報やその基準などは異なるのです。
信用情報は多岐にわたります。氏名や生年月日、勤務先などといった個人情報と各種のローンの状況だけではありません。

携帯電話の分割払いの状況や奨学金の状況などさまざまです。

そのため、どの情報に注目して、どのくらいの基準を設けているかは会社ごとに差が出やすいのです。
1か所で落ちたからといって諦めず、別のキャッシング会社を探すことが大切といえます。

時間をかけてしっかりと探せば、自分に合ったキャッシングが見つかることもあるでしょう。

その他の審査通過のためのポイント

キャッシングに申し込む際、希望の借入額を聞かれるケースがほとんどです。希望する借入額は適切な金額にしましょう。

一般的に大きすぎる金額だと、キャッシングの審査に落ちると言われています。
正確にいえば、返済能力と希望する借入額に大きな隔たりがあると審査に不利になるということです。

仮に大金であっても、それに見合った返済能力があるのならば審査に通過するでしょう。

一般的には希望の借入額を聞かれたら、少なめの希望額にすることがポイントです。
返済をきちんとすれば、やがて返済能力を認めてもらえるようになり、限度額増額に関する案内をもらえます。

また、もし他のキャッシングなどでも借り入れを行っている場合は、
その他社での借り入れを少しでも減らした状態で申し込むのもポイントになります。

キャッシングの審査において、他社で借り入れているかどうかは重要視される情報です。

年収や勤続年数、信用情報に問題がないと考えられるのに審査に通過できない人は、
まず他社の借り入れを多少なりとも返済してから申し込みを行ってみましょう。

そうすれば、審査に通過する可能性が高くなります。

特に年収の3分の1を超える借り入れを行っている人は、借り入れた金額を減らしてから申し込みをしましょう。

最後のまとめ

キャッシングの審査に通るために必要なポイントは、年収や勤続年数などの個人情報と信用情報の2つです。

それぞれタイミングを見計らったり、事前に借り入れを少なくしたりすることで、審査に通りやすくすることができます。

キャッシングの審査基準は厳しいところもあれば、甘いところもあるので、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

数あるキャッシングの中でも、審査に通りやすく口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. SMBCモビット

    WEB完結なら電話での在籍確認なしで郵送物カット、来店不要なので家族や職場にもバレにくい

  3. アコム

    土日祝日でも即日融資、電子交付なら郵送物なし、30日間無利息でクレジット機能を付けられる